スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍染め (果たして藍の花は?)

自分で育てたタデアイを刈り取って「すくも」を作り藍染めをしたいとずっと思っていました。

タデアイを刈り取って生葉染めを以前のブログでアップしましたが、今回はその続きです♪

【すくもの作り方】
 すくもとは、藍の葉を発酵させたものです。安定した状態で染色できるそうです。
・夏から初秋に刈り取った蓼藍の生葉をよく乾かす。
・藍葉に水をかけて「寝かせ込み」をする。葉と同重量の水を加え良く混ぜなじませる。
・1日1~2回切り返しをして発酵を促進させ、ほぼ2週間で出来上がり。元の葉の10分の1の量になるそうです
・1週間もすると温度は60度位に上がります。
 アンモニア発酵なので、猛烈な匂い、うんち臭い匂いがするそうです。

2012/10/6 
刈り取ったタデアイの葉を乾燥させ、
大きな収納BOXに入れて「すくも」を作ります。
       s_001_20130703232906.jpg

 s_003_20130703232905.jpg

大きめの収納BOX一杯に入れていた乾燥葉は発酵が進み…最終的には三か月程かけて出来た「すくも」は100g程、容量も私の両手で持てる程になりました。

果たして私の作った「すくも」はちゃんと出来ているのか?

藍染めをする時がやっと来たのです♪


「家庭で出来る藍を建てる方法」を調べて参考にしました。

5/30 灰汁(あく)を作る。
s_129.jpg

 ・消石灰200gと木灰800gをバケツに入れて良く混ぜる。
 ・70℃ぐらいの湯10ℓを静かに注ぎ入れ、混ぜ合わせる。混ぜた後、そのまま2日以上おいて、灰を沈殿させる。
 ・2日以上たつと水面に膜が張ります(これが使える目安)
 ・バケツにざるを置き、上澄み液(一番灰汁)をざるで濾す。
  (二番灰汁を取るので、灰はすてない)灰汁で大切なのは、強いアルカリ性。pH11以上。

 二番灰汁
 ・残っておいた灰に70℃位の湯、7ℓを入れる。二日以上そのまま置く。膜が張ったら、一番灰汁とは別の容器にざるで濾しておきます。

藍の仕込み

s_138.jpg

・すくも500gを20ℓ用バケツに入れる。
 ・二番灰汁を注いでかき混ぜる。よくかき混ぜた後、しばらく置きます。
 ・1日に2~3回、ゆっくりとかき混ぜる。すくもを入れた液は発酵させる為に温度を20度位に保つ。
  (熱帯魚用のヒーター等を利用すればいい)
 ・蓋をして埃を防ぐ。一晩置いたら、一番灰汁を加えてよくかき混ぜる。
  日に2~3回かき混ぜ、1週間~10日置く。
 ・薄い膜が張ってきます。(藍が建ちかけた目安)
 ・発酵をさらに進める為、栄養剤を加える。水1ℓにふすま50gを加え火にかける。
  沸騰して5分ほど煮る(焦げ付かないように混ぜる) 火を止めてふすまが冷めたら、藍に加える。
  日に1~2度かき混ぜながら、2~3日置く。

s_209.jpg

 この頃になると…臭いも強烈でした。竹の棒で毎日、ゆっくり掻き混ぜるのですが、竹が浸った部分が青くなってきました。

 藍の花が咲く(泡が青くなる)
s_002_20130704001003.jpg

これが「藍の花」というものなのか。成功しているのかどうかも解らないけど、どうやら最終段階に来たようだということは解りました。

 泡を取り除いて染める。(pH10~11になると良い)アルカリが弱い時は消石灰を加える。

この工程まで忠実に進んだと思います。


いよいよ「藍染め」のスタートです。

画像が重くなるので…続きは次回のブログで…♪。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。