スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅花染め

備後絣で有名な福山市のある町で行われた紅花染めの体験学習に参加してきました。

市内の広報で募集していた記事に飛びついて応募したところ、運良く抽選に当たったのです。(定員20名)


紅花染めは…

きれいな赤に染めるためには、花弁の黄色の成分を水でよく洗い流すことが重要です。

そのあと、アルカリ溶液(昔は灰汁を使われたようですが、現在は炭酸カリウム)の中で赤の色素を揉みだし、酸(烏梅(うばい)というものが使われたようですが、現在はクエン酸)で中和させながら染めていきます。

冷たい水のほうが綺麗な色に染まるので、昔は丑三つ時(午前三時ころ)の寒中に染められたそうです。

s_015_20120328140111.jpg

冷たい水の中で格闘すること…二時間。


想像していた程赤くはならなかったのですが、花びらをを沢山使えば赤くなるようです。(予算の関係らしく)

それでも自分で染めた紅花染めのシルクストール。

自分で種を蒔いて、紅花を育てたいところですが、残念ながら東北地方で育てた紅花の方が赤の色素が多く出るそうです。


でも、今、藍染で使われるタデアイの種をポットに蒔いています。

苗を育てて、葉っぱを収獲し…秋には藍染も出来るのではと期待しています。


夢の実現に向けて…始めの一歩です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みました(#^.^#)素敵な色のストールができましたね!また実物が見たいです。
娘の携帯より、小田康枝

小田さんへ

ブログを見て頂いて有難うございます♪

先日は立派な庭を拝見できて、純和風の庭はやっぱり風格が違いますね。素晴らしかったです。

紅花染めのストール、私にしては可愛すぎる色なのですが…春なのでルンルン気分で巻いてみようかなと思っています。どんな色に染まるのか、絞った部分はどんな柄になるのかととドキドキしながらの作業でしたが、あっという間の楽しい時間でした。

コメント嬉しかったです♪
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。