スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗のおはなし

ドングリと同じブナ科の「栗」

s_001_20111008213508.jpg


今年も沢山いただきました。(沢山貰って、沢山食べました)


毎年、栗をいただくと…一番に作るのは「栗ごはん」♪

今年は栗の入った赤飯、渋皮煮は何度も作りました。


どうしたら綺麗に栗を剥けるか…毎年思います。

来年、また作る時の為に…私自身の忘備録として、今まで試した結果を記しておきたいと思います。

もし、参考になれば嬉しいです。

栗の剥き方

私が使った道具です。
s_007_20111008213327.jpg これプラス包丁

1 鬼皮だけを剥く場合(渋皮煮など作る時)  
 熱湯に栗を浸して暫くおき、自然に冷まして温かい内に剥く。
 この時、私はたこ焼きに使うピック(千枚通し、目打ちでも)を使用しました。
 包丁だと渋皮を傷付ける事があり、ロスが出ますが、ピックで剥くと全部が綺麗に剥けました。栗の平らな部分にピックの先を入れて、ピックを横向きにして、はがすように剥くと綺麗にむけます。

2 形を崩さずに軟らかくなった栗を使う場合(お菓子のトッピングなど) 
 圧力鍋に栗を入れ、栗が隠れるぐらいの水を入れ圧力をかけます。
 沸騰したら…弱火にして20分。そのまま自然に冷まします。
 鬼皮を剥くと渋皮も一緒に向けて中身が綺麗に残ります。

3 鬼皮、渋皮を一緒に取る場合(栗ご飯やお菓子…)  
 一番よく使う剥き方です。熱湯に5分ほどつけたあと、堅い部分に切れ目をいれれば鬼皮を手で剥くことができます。
 鬼皮は包丁でもいいし、「栗くり坊主」などの皮むきで…。
 剥いた栗は直ぐに水につけます。
 これに砂糖をまぶして冷凍しておくと…いつでも「栗ご飯」ができます。


夫は今日と明日、私の実家の稲刈りの手伝いに駆り出されています。


明日も、気兼ねなく…庭仕事に熱中できそうです(^^♪
 

 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

栗のむき方

minamiさん この前雨でなかったらおさそいしたかったのよ!
クリ 毎日・・・うんざりするぐらい 母の役目だったのに・・・今はひこさんが・・
熱心にひらってます いれば言ってね

現代農業の本に冷蔵すれば甘くなると・・・出ていて冷蔵
ゆでたのを冷凍してるととっても甘くホカホカ感あり 食べるだけ出してね
栗のでんぷんは身体にいいそうで・・・でもソウ食べれない私たち

木曽中津川の銘菓 栗きんとん すや のを高島屋でも限定販売してるけど
30分ゆでて半分に切ってスプーンで出して砂糖を加えて火にかけていい加減に止めて
サランラップでおひねり・・・すやのをいつもいただくのでまねして作っています

お店のようではありませんが・・・冷凍も出来て・・・ブランデーも少し落としたり

お正月のきんとんで 終りになるよう 栗のもらい先を探す私たちなのです

あっこさんへ♪

先日は久しぶりに皆さんと逢えて…楽しかったです。皆、それぞれの一年がありましたね。

雨でなかったら…私も一緒にお茶したかったなぁ~♪ 

栗、あっこさんちの栗も甘くて美味しかったです♪ 
沢山収獲できて羨ましいです。我が家も去年、小さな苗木を植えましたが…いつになるやら。
でも…うんざりするほど採れるんですか? ご主人も御苦労さまですね。子どもの頃、火箸や長靴をはいてイガグリを両足で踏んで栗の実を取りだしていましたが…今もそうですか?

栗ご飯には生のままでも冷凍して使えばいつでも食べられます。

なるほど…栗きんとんにしておけばお正月に食べられますね。私も今度そうしてみます♪

焼き栗とかも美味しそうだし、サツマイモと一緒に切った栗と混ぜてかき揚げにする方法もこの前TVでしてましたよ。色んな食べ方があるもんですね。

田舎で暮らしているので栗はご近所の方から頂いたり…冷蔵庫にはまだ…。
心遣い有難うございます。

柿も…今年初めて食べました。美味しかったです♪

プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。