スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりは…45年前(ペンフレンドとの再会)プロローグ

小学生の高学年だった私の楽しみの一つに…月刊誌「女学生の友」という雑誌がありました。

ウィキペディアによると、
【『女学生の友』(じょがくせいのとも)は、かつて存在した日本の少女向けの月刊雑誌である。小学館が編集・発行した。1950年4月号から、1975年に『JOTOMO』と改称されつつ1977年12月最終号まで刊行された。対象となる年齢層は中学生・高校生の少女として、小学生までをターゲットとした小学館の学習雑誌からの移行を企図して刊行された。】


どちらかと言えば、私は外で遊ぶより家の中で本を読んだりしてる方が好きな子ども時代でした。
運動オンチだったし…、家の中で祖母と話したり(母は仕事を持っていました)料理を作ったりする方が性に合っていた気がします。(これは今も変わりませんが…)

低学年の頃は、近所の学年の違う女の子と遊んだり、二人の兄にくっついて…男の子の遊びに加わっていましたが、次第に、その遊びにも参加させてもらえず、一人で遊ぶ事が多くなっていました。

学校に行けば友達はいたけど、家に帰ると本ばかり読んでいました。
その頃の私を夢中にさせた雑誌が…「女学生の友」(JOTOMO)でした。

その雑誌の中に「ペンフレンド募集」の頁があり(今はメル友ですね)、何気なく投稿してみたら…直ぐに何通か手紙が届きました。


その中から三人の方と「手紙」のやり取りを続けていましたが、一、二年程経った頃は、宮崎にお住まいのHさん一人だけになっていました。


彼女との付き合いはこうして始まりました。


殆ど、何も知らない者同士が、「雑誌」を媒体にして、知り合い、「手紙」を通して日々の出来事や思いを交換しあいました。(今、思えば、考えられませんけど…)

私が高校生の頃、宮崎県から彼女は一人で我が家へ訪ねてくれたことがありました。(今思えば、よく思い切った行動をしたものだと思いますが)
私の兄達と一緒に尾道の「千光寺」を案内した思い出があります。


子どもの頃は、日々の暮らしやたわいもない事を書き連ねていましたが、思春期から大人になる事には、誰にも打ち明けられない「辛い恋」の話をしたためるなど…お互いに気持ちを許し合える「友」になっていったと思っています。

その後、お互いに結婚し、子どもを持ち…義母や義父をおくり…長い、長い年月が過ぎた今でも、彼女との交流は続いています。

季節、季節の贈り物が届いたり…長い手紙だったり…「電話」で長い時間、話し込んだり…。

見知らぬ人から、心を許しあえる関係になれたのも、夢のようでもあるし、こんな関係になれたことにも感慨深い思いです。

それは全て、彼女のお蔭だと感謝しています。


何年も「逢いたいね~」とお互いに言い続けてきましたが、やっと…それが実現しそうなんです。


来週、宮崎から彼女は逢いに来てくれます♪


一日目は我が家に泊り、二日目は近くの観光地を案内し…宿でゆっくりする予定です。

その様子をまた報告させて下さいね。

私達二人を結びつけてくれた「女学生の友」にも感謝です(^^♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね~!

そんなお付き合いが続いているなんて素敵なことですね。
私も昔、文通していた人がいました。
昔はメールなんてなくて、もっぱら郵便でしたものね。
久しぶりの時間が楽しいものとなりますように~!

チョコさんへ

いつもブログを見て頂いて有難う♪
長い事、夢だった文通相手と、やっと逢う事が出来ました。
逢ったのは二回目。しかも四十年ぶり…。
不思議な感覚ですが、姉妹のような気持ちでしたよ。
これからもいい関係を続けていきたいなと思ってます。

チョコさんも、文通されていたんですね。
昔は携帯電話もなく不便だったけど、その当時はそれが当たり前だったから…手紙を待つ間もよかったよね。
今はついついメールで済ますので、字を書くことが減りました。えーっとどんな字だったっけと思う事もしばしば…。
また、手紙を書いてみようかなって思ってます。
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。