スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜作りに必要なものは…

この暑さ!いつまでつづくのでしょうか? 

元気が取り柄の夫も…さすがに連日の暑さには参ったようで、ここ何日かは昼食後お昼寝をしています。


午前中は私も同行して夏野菜の後始末をしたり草取りをしたり…。


いま畑にあるのは面の皮の厚いトマトが少々と、秋を待つ茄子、そしてさつま芋。


一株ほどさつま芋を掘ってみようとイモつるをかき分けると…私達より先にモグラちゃんが大きな穴を掘っていました!

これは大変と…鍬で掘ろうとしたのですが、なんと私の力では鍬が畑にたちません。

雨が降らず畑はカチカチ! 夫がスコップを持って来て全体重を掛け挑戦するのですが、思うように芋を掘る事が出来ません。

やっと掘りあてた芋は子供の拳くらいのが2個!!収獲時期も早いのではと思いましたが、この先雨も降らずこの土の硬さのままだったら、大きくなれないのでは…と思ったりしました。

最近、近所の畑はヌートリアという動物が畑を荒らしているという話も…。つい先日は私も「イタチ」と畑で遭遇。見たこともない動物にびっくりして立ちすくんでいると「イタチ」も私をじーっと見ていました。
空からは鳥、地面にはモグラ、雉やイノシシ…。。


野菜作りに必要な光や温度、空気、水。そして養分。(土はもちろんですが)

どれ一つ欠けても作物はちゃんと育ちません。

困ってみてその重要さを実感しています。


雨、降らないかなぁ~。




スポンサーサイト

甘い葡萄♪

我が家で採れた葡萄です♪

品種はデラウエァ。小粒の葡萄ですが甘くて美味しいです。

s_003_20120825210004.jpg


一度も消毒しなかったので…安心して食べれます。(小さいのでちょっと面倒ですが)


ニューマスカットという種類のグリーン色の中粒の葡萄もまだ垂れさがっています♪

面の皮

アンデスの乙女が咲きだしました。

s_005_20120820231237.jpg

朝夕は多少しのぎやすくなったとは言え、雨も降らず日中の暑さはこの身にずっしりと応えます。

庭の草木も生気を無くし散水では間に合わないのか今年植え替えをした庭木は幾らか枯れ悲しい思いをしています。

夫担当の野菜もこの暑さに降参してしまったようで…カボチャの上っ面は日焼して白くなり、とてもお裾分けにと言う訳にはいきません。

その中でミニトマト「アイコ」は水が無くても元気で未だ収獲する事が出来ます。

「アイコ」は普通のトマトと比べると、皮が堅くおやつ感覚で頂けるので我が家にとって人気野菜のひとつです。

夫曰く、「面の皮が厚いと言う事は人間も野菜もどんな状況においても身を守る事にたけているのかな」だって!…

でもカボチャも面の皮が厚く、切ろうと包丁を入れたままの状態で、上にも下にも動かず、包丁が刺さったままびくともせず、もう、床にでも投げてみたくなるような気分になってしまうほど、堅い皮に格闘する時があります。

堅い皮のカボチャはその分、中はホクホクで、日持ちもよく…悪い事ばかりではないようです。


夫がいう事にも一理はあるかな……。


今年も暑い夏!

今年の夏も猛暑が続いています。

8月に入って、義母の法事、甥の結婚式と続き、バタバタと過ごしています。


しなければならないと思う事が多すぎて、なかなか思うように捗りません。しかも、この暑さ。

お墓参りの帰り、少し離れた畑をのぞいて、立ちすくんでしまいました。


ついこの前、草取りをしたと思うのに、膝までありそうな草の成長にはため息が…。

蛇でも出てきそうで…恐る恐る雑草を棒で叩きながら進んでいきます。

夫の友人から種を頂いて植えたカボチャです。

s_060_20120812224954.jpg


色んなカボチャを植えましたが、こんな形のカボチャは初めてです。
土手カボチャという名前らしいです。

Sさん、収獲できたよー♪



それにしても…この暑さの中で、夫は毎日呆れるほど元気でよく動きます。

夢中になって何かをしている時の充実感は私も良く解っているので…放っておきます。



私も…お盆と言っても普段と変わりなく、日に何度もシャワーを浴びるような生活が待っています。

法要

今日は近親者で義母の法要をしました。

午後2時、定刻通り、お寺の若僧侶がおいでになり、滞りなく法要の儀を済ませました。

と言っても…長いお経、短い説教の後、若僧侶は興奮したようにロンドンオリンピックにおける日本選手の活躍、各競技における審判の不甲斐なさをご自身の意見としてロンドンに向け熱く語られ、「寝不足気味だ」と言われながらも「今日は女子バレーボールを見なければ」と言って帰って行かれました。

若僧侶が帰られ暫くして夫が用事で外出しますと、近所の同姓の若奥さんから声を掛けられ「今日、お宅法事でした?」 「ええ、そうですが…」

「実は、私の家に突然お寺さんがおいでになり、何も言われず仏壇の前に座られ、仏間のお供え物など整えられ、あげくの果てには線香立てを畳の上に落とされ、畳の上は灰だらけ慌てふためいておられた」とか…

若奥さん「お寺さんが来られているのですが…」と昼寝中のお姑さんに言うと「盆が近いので来られたのでしょう。3,000円程お包みして下さい。私はこんな恰好ですから失礼させてもらいます」と…。

突然、異変に気がついたのか若僧侶「お宅は、○○さんのお宅では?」

「いいえ、○○さんのお宅はお向かいさんですが???」

「3,000円お包みし、渡さなくてよかった。畳の上にこぼされた灰の後始末は大変だった」と笑いながら話されたとか! 

そんな事がありながらも若僧侶平然と我が家にお越しになり、お経を唱えるとは只者ではないと思いましたし、オリンピックで寝不足気味の若僧侶の、私達と変わりない可笑しな行動に何だか安心もしたり…。


追 確かに義母は夫とよく似ていて、滑稽な人ではありましたがまさか亡くなってからも笑いを持ってお盆に帰って来るとは思いませんでした。

夏祭り

8月4日(土曜日)町内で夏祭りが催されました。

夫も役員の一人で、この日の為に色々と準備をしていましたので、

無事に終わり、ホッとしています。

s_017_20120807232900.jpg

田舎のお祭りなので華やかさはありませんが、子ども達の笑顔、お年寄りの踊り、

s_011_20120807234615.jpg

s_010_20120807234258.jpg


s_013_20120807233727.jpg

カラオケ、屋台も出て賑やかで楽しいひとときを過ごす事が出来ました(*^_^*)

夏の花

庭の植物は暑い日射しの中で…ぐったりしています。

充分に散水しているつもりですが、表面の土が湿っている程度です。

逆効果かな…と思いつつも葉水だけでも


水辺のポンテデリア
s_007_20120801211654.jpg

小さな小花が一杯咲いて…賑やかなルドベキア・タカオ
s_008_20120801211653.jpg
s_018_20120801211727.jpg

水無月
s_006_20120801211655.jpg

クレマチス・ジョン・トレジャー(ピチセラ系)小さな可愛い花です。
s_003_20120801211656.jpg

芙蓉
s_002_20120801211657.jpg

パイナップル属 アナナス
7/22 ピンクの花の登場です。
葉の中央の筒から下を覗いて見ると水の中から花芽が見えて…神秘的でした。
s_006_20120801213202.jpg
8/1 綺麗!
s_001_20120801211658.jpg

今年のグリーンカーテンは
風船かづら、ゴウヤ、ヘンリーヅタ…。

そしてホップ。
茎は他の植物と絡まって…何処へでも伸びていきます。
s_012_20120801211730.jpg
s_013_20120801211729.jpg

風船かづらの花…小さくて可愛いね♪
s_017_20120801211728.jpg
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。