スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のパン

発酵器はずっと稼働しています。

酵母作りの瓶、ヨーグルト酵母、そして元種。三つの瓶とヨーグルト作りの瓶。

発酵が終わった瓶が…冷蔵庫を占領しています(-.-)。


ライ麦の入った「カンパーニュ」もそれらしく出来ました。
もう少し膨らんで欲しかったけど(発酵籠に入れて二次発酵すると綺麗な丸い形になりますが…)美味しかったです。
s_001_20120227224500.jpg

ヘルシーで最近人気のベーグルも初めて作ってみました。
発酵中のベーグルです。
s_011_20120227224459.jpg

沸騰前のお湯に入れて焼くと…もっちりとした食感になります♪
s_012_20120227224459.jpg

このパンはなかなかいい感じです。
スポンサーサイト

発酵器

自家製酵母を使ってのパン作り…、ゆっくり、ゆっくり…12時間程かけて発酵させます。

今の時期、ある程度の温度を長くキープするのは大変です。

その手間を楽にするために、欲しかった発酵器。

頼み込んで(笑) 夫に作ってもらいました。


今一つ、理解できてない夫に、適度の温度や湿度、出来ればサーモが働いて、タイマーもあれば便利だし…。

といろいろと注文を付け…。


出来ました~♪

s_001_20120222130633.jpg

中はステンレスですが、その外側に板をつけ…さらにキッチンパネルを貼っています。(まさか火事にはならないでしょうが)。

台所に置くので…清潔感を出して扉も白にペイントしてもらいオシャレな取っ手も付きました♪


扉を開けると…

s_002_20120222130632.jpg

成型したパンを二段置けるように積み重ねの出来る棚を置いています。

多分大丈夫だろうと思って買った棚は…なんと! ちょうどピッタリ♪

熱源は水槽に使われるヒーターです。サーモスタットが付いているので便利~(*^_^*)

一番下に水を入れた容器にヒーターを入れています。


そして…テスト…テスト。

温度が上昇すると中に水滴が出来、外の扉の板の間に沁みてくることが解りました。

これを解消するために、コーキングを塗ってもらい天井部分の水滴が真下に落ちないようにもして貰いました。


扉を覗くと…中の様子も少し見えます♪

中の温度が解るように温度計も付けました。


これで、大きな発砲スチロールともおさらばです。

嬉しい(*^_^*)


こうなったら、レーズンを使った自家製酵母で「カンパーニュ」でも作ってみたくなる(フフ)

酵母のおはなし

石窯が出来て…パン作りにハマっています。

今回は、3回目のマイブームとなっています。

食パンは時々、ホームベーカリーに助けられて続いていますが…、生地を手で捏ねて色々なパンを作るのは、大変な作業だけどやっぱり、楽しい。

材料を混ぜ合わせて捏ねる作業は、最初、ベタベタと生地が手にまとわりつき、その時だけは、何があっても途中でやめられない状態で、伸ばしたりたたんだり、捏ねていくうち、だんだんとべた付かなくなりまとまってきます。

ううーーーという思いから、おおー(^^♪という感じに変わりだす時は パン作りって楽しい~!と思えてきます。

ドライイーストは自然界に存在する酵母菌の中から発酵力の強い菌を選んで抽出して純粋培養しているもので、短時間に安定して発酵をさす事ができるパン酵母です。予備発酵の必要がなくてすごく楽です。

だけど、出来れば発酵に使うイーストを自分で作ってみたいなと以前から思っていました。

今までにも、ホシノ天然酵母種とか通販生活のパン種とか、天然酵母でパンを焼いたこともありますが、どっしりとした重くて噛みごたえのパンというイメージで、いつの間にかドライイーストに戻ってしまいました。

天然酵母を家で作りたいと…本屋さんでいろいろと探して見つけた表紙には『「自家製酵母」のもっちりパンとざっくりパン』。
ペラペラとめくっていると、「ふんわりパン」とか「サクサクパン」とか…。天然酵母でそんな食感のパンが焼けるのか…と興味が湧いてきます。

本を購入して、早速、「酵母」おこしをスタートしました。

自然界では樹皮・樹液や花蜜,空気中や土壌等にも酵母は生息しているらしく、果物や穀物等にも付着しているそうです。

今回、私は、りんごとレーズンを使いました。レーズンはオイルコーティングされてないもの。
果物に砂糖と湯ざましの水。これだけです。

部屋の設定温度を20℃にしてるので、段ボールに瓶を入れて、お湯を入れたペットボトルも一緒にいれます。蓋の間に温度計を差し込んで25℃以下になったら、新しいお湯をいれます。

s_005_20120218233341.jpg  s_001_20120218233341.jpg

酵母の完成は、予定では一週間程すると…蓋を開けるとパフッという音がして、ブクブクと泡立つ状態になるのですが…
私は約10日程かかりました。その間、毎日、蓋を開けて空気をいれます。
なんだか、化学実験をしている気分でした。

この酵母でパンが焼けるということなので、早速焼いてみました。
とにかく発酵に時間をかける…これが一番大変でした。おまけに、出来上がったのは…まるで「酒粕まんじゅう」。出来たては結構食べれましたが、翌日はカチンカチン(-.-)。

この酵母をもっと強いパワーにするために、ヨーグルトと砂糖を加えて成長させます。
s_002_20120218235213.jpg
酵母おこしと同じように25℃~30℃の場所で約2日間。

ヨーグルト入り酵母をもっと安定した強い酵母にするため「元種」を作ります。

一日目の元種
s_003_20120219000547.jpg

ヨーグルト入り酵母に粉を三回に分けて入れること三日間。

ようやく「元種」ができます。

ここまでの工程で約15日。

この「元種」を使ってパンを作りますが、材料を捏ねて一次発酵に約12時間かかります。

発酵はゆっくり、ゆっくり時間をかけます。

成型して、休ませ二次発酵。

そして、やっと出来た「自家製酵母のパン」です。
s_002_20120219000506.jpg

ふぅーー。


お味の方は…外側はパリ、中はサクっ。でも少し硬い(-.-)。

美味しくない、ことはない…。12個程作ったのがいつの間にかなくなっていました。

発酵の大切さを実感しました。

沢山のパンがあるのに、次の日はドライイーストでメロンパンなど作ってしまいました。
s_001_20120219001111.jpg

白米は白くて美味しいけど、時に玄米もいい。

そんな感じです(^^♪


早く焼きたい時にはドライイースト、じっくり時間があるときは「自家製天然酵母」。

一切の添加物を加えない、自然のままの野生酵母の「白神こだま酵母」という商品も時々使っています。

イーストによってパンの味がどう違うのか、いろいろと試しています。


それにしても、今回、家で酵母を作ってみて、すごく感じた事は発酵をスムーズにする温度管理。

発泡スチロールもいいけど、パンの発酵器があればなぁ~、温度設定がやタイマーがあれば、もっと楽ができるのになぁ~と実感しました。

買うのは高いし……。


又、夫に頼んでみようかなぁ~~♪。












st、バレンタインデー

今日はSt. Valentine's day 


夫は年々減りゆくチョコに嘆きながらも、私とご近所の熟女達から頂いたチョコを手にご機嫌です。

s_007_20120214233557.jpg

そして…。

このところ、ユキちゃんと言う名前の白い紀州犬と散歩をされる若いお母さんと可愛い女の子がミナミに会いに立ち寄って下さいます。

その女の子がお母さんと一緒に作ったお菓子のプレゼントをしてくれました。


「おじちゃんお菓子をつくったよー食べて~」と言って渡された時の顔は…それは嬉しそうでした。

「えっ!おじちゃんに?」

「おばちゃんにも、お兄ちゃんにもあげて~」  

ミナミがくれた小さな友達に嬉しさを隠し切れない私たちです。



パンとお菓子を焼きました。

粉雪が舞っていました。

寒いのはよく分かっていたのですが…

手直しした窯の状態を確かめたい夫と、最近、パン作りに凝っている私。。。

石窯でパンを焼いてみようと。。。

石窯の状態も良いようで寒さの中、レンガから伝わる心地よい温もりに手をかざしているとちょっと幸せな気持ちになったりします。

今日は窯内も2時間ほどで300℃以上まで達し、いい感じです。

窯の中を綺麗にして…。最初に「バケット」を入れ…

暫くするとパンの香りが…。

時々、中の様子を見ながら(扉を開ける度に温度が下がるのですが)、こんがりときつね色まで焼いていきます。
s_012_20120208223900.jpg

次は、「スコーン」です。今回は柚子のジャムとレーズンを入れてみました。
s_010_20120208223859.jpg

温度調整と焼き加減、そしてお味はこれから徐々に経験を積んで行かなくてはと思っています。
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。