ついに…300℃

そろそろ窯で焼いたピザやパンを載せたいところですが、今日も石窯の話です。

夫が試行錯誤しながら改良を重ね石窯焼き床の温度をやっと300℃まで上げる迄に至りました。

s_024_20120129222224.jpg s_029_20120129222748.jpg

あれもこれもと他の用事をしながらその合間に焚き木をくべていた事が温度が上がらなかった主な原因かもしれないとも言っていました。


実は…昨日と一昨日は窯にいれようと天板に成型したパンやピザを準備して出番を待っていたのに、結局、窯の温度が上がらず、電気オーブンで焼く事に…。

今日は300℃まで窯が熱くなったのに、焼くものを用意してませんでした。でも、何か焼いてみようと…さつま芋とカボチャを入れてみました。

s_022_20120129223031.jpg 昨日電気オーブンで焼いたあんパンです。



30分程すると焼き芋のいい匂いがしてきましたが5~6個のさつま芋とカボチャ一個を調理するのに半日程かかった訳で、せめて2時間程度で窯の温度が300℃以上までになって欲しいです。

究極のサバイバル生活だね~と言いながら…寒いデッキで食べたほっかほかのさつま芋は美味しかったです。
スポンサーサイト

まだまだ…

石窯が概ね完成したのでテストを兼ね再度火入れをしてみました。

今日は当初予定していた風呂用ボイラーを改良しての燃焼テストで、火付きはOK、結構燃えていましたが燃料材(その辺に有った木っ端)に問題が有り火力が弱かったのか?それとも構造上問題があったのか?思う様に温度が上がらず今日の結果は2時間程がんがん燃やして焼き床の温度MAX190℃!予定までの温度に至らず窯の中はすすで真っ黒、これではまだ全てにおいて改良しなければピザもパンも焼けそうに有りません。

明日から夫は気になった箇所の修整に掛かるそうで、本格的に使用できるまで、まだまだ時間も掛かりそうです。

でも氷点下に近い外気の中、石窯の周りは薪ストーブみたいに程よく暖かく結構楽しい午後でした。

私のつぶやき(ボタン一つで希望の温度に設定できるオーブンで焼けば、ピザもパンもチャッチャっと出来るのに…、難儀なことです)

寒いけど…動いてね

朝から出かけて急いで帰路に向かう途中、吹雪いて前が見えず、車のワイパーをつけながら走りました。

途中、夕食のお買い物。

身体の芯まで凍ってしまいそうなこんな寒い夜は…やっぱり鍋料理でしょう。

スーパーでは…他所の方の買い物籠に入っている材料を見て、このお家も寄せ鍋かな…こちらはキムチ鍋…なんて献立を想像してしまいました。

昨日畑で採った白菜を鍋に使おうと思ってたら…なんと、凍っていたのにびっくりしました。


電気代の明細書をみても凍りつきそうで、電化住宅の利点が本当に有るのかと思うほどの料金!

「あ~やだ、やだ」と思いつつも今日も夜更かししています。


石窯の方は…屋根が出来、使い勝手のいいようにと焼き台をつけ、灰かき棒、ピール(パンやピザを乗せて窯にいれるもの)など、必要なグッズを次々と作っているようです。


パンやピザを出来れば「自家製酵母」で作ってみたいと、私は「酵母作り」を始めました。


でも…エアコンをつけないと室温はあがらないので…酵母の活動もゆっくりのようです。


バラの切り接ぎに簡易温室を作って外から芽が出てないかと眺めるのが楽しみですが、これからは酵母がどんな状態かと眺める楽しみが増えました。


寒いけど…活発に動いて欲しい新芽と菌に期待してます。

石窯作り(ついに…火入れ)

天気も良く祀り事の真似をして予定通り石窯に火入れをしました。

s_005_20120117222138.jpg 思ったより火付きも良く夫はご機嫌でした。

まだピザやパンを焼く事は出来ないのですが、目地を固める事と炎の状態、煙の流れの確認、手直し、補足を含めた必要な工程だそうで…弱火で何日もかけて行うそうです。

次の工事は庇程度の屋根を作るそうです。

石窯作り(外観はほぼ完成?)

石窯の煙突と扉が完成しました。

煙突はホームセンターで購入したステンレス製薪ストーブのパーツで周りをレンガで囲い、本体と出来るだけ調和がとれるようにしています。

s_002_20120116212611.jpg


石窯をウッドデッキの傍に配置したので火災にも気を配り排煙筒も横向きにしてくれました。

煙突の右横にあるのはダンパーで焼き床の熱を逃がさない為の装置だそうです。
s_s_005_20120116220350.jpg

扉も手作りです。廃物利用が好きな夫は裏の倉庫の隅で長い間置かれていた鉄板等を加工したもので、溶接も夫がしました。

が、何せ素人なものですから今までになく悪戦苦闘していました。

取っ手は上段が箪笥、下段が長持に使用されていた結構古い物で石窯に合うかどうかは疑問なのですが…

これもこれで面白いと夫は満足しているようです。

何だかいっぺんにワイルドになっちゃって…。

使っていくうちに、馴染んでくると…いい感じになるのかなぁ~?。

作業中私が近づくと「溶接の火花で目を傷めるから近くに来るな」と叱るのですが…時々、気になってのぞいています。

煙突が出来、扉を付けると何処かしら重厚感が出来てきました。
窯乾燥の火入れは大安吉日を予定して、早ければ明日施う事にしています。



窯乾燥はゆっくり、ゆっくりだそうです。

石窯作り (途中報告)

今朝も寒かったですね。

庭の草花は霜で真っ白に…。

レースフラワー                       クリスマスローズの葉
s_005_20120112231540.jpg  s_004_20120112231837.jpg


霜が溶けないうちから、夫は今日も窯作りを頑張っています。

途中報告となりますが屋根らしき型も出来て、道行く人も「ピザ窯ですか?」と聞かれる程になりました。

最初の計画では簡単な箱型と思っていたらしいのですが私の希望を取り入れてくれて屋根をドーム型に変更してくれました。

                s_001_20120112225455.jpg


言葉では簡単なのですが、いざ作業となると私が見ていても大変なようで何度も失敗しながら「えい!やあ~」の気合いでどうにかドーム型に治まった時は運を技術と完全に勘違いして満足している様にも見えました。

それにしても、道行く人や知り合いが来られる度に、「ピザが美味しく出来たら、一番初めに食べさしたげるけぇ~な~」と夫が話しています。 まったく…調子がいいんだから…。

火床、焼き床の枠も出来、これから煙突、扉の作成。そして火入れ。まさかその時、崩落とならない事を信じ…。


ちょっとワクワクしてきたぞ~♪。

石窯でも作ろうか

昨年末、JFE溶鉱炉に使われていたと言う耐火レンガを入手する事が出来ました。

勿論、溶鉱炉改修時取り換えられたリサイクル品です。

それが何となく味があって私達向きだと思い、値段も多分ホームセンター新品価格の半値もしくは耐熱規格品によっては1/3以下だと私達なりに判断し飛び付き購入した訳です。

でも、再生して使用するとなると何と手間のかかる事か!

現品は解体したままの状態で耐火レンガには目地に使われていた粘土と言うか!耐火モルタルと言うか!食べ物で言うと、きな粉餅状態にべっとりと付いていました。

購入目的は「石窯」の作成。夫が石窯でピザ焼いたりパン焼いたりしたいと思っての事だったのですが、リサイクル品の耐火レンガを一つの製品にするのが大変な作業で…夫は黙々とトンカチ持って寒空の中、一日中その目地の撤去作業に精を出しています。

買ってしまったからにはどうする事も出来ず、いまの季節は暇で特にする事はないからと言っていますが…夕食時には肩を回し腕を揉みながら重そうにグラスを持ち晩酌をしています。

実労一週間程度の作品ですが途中経過です。
s_001_20120108235026.jpg

s_005_20120108235025.jpg


石窯に見えますか?完成は一カ月程後だと言っていますが設置場所が屋外ですので寒いし、春までに完成すれば充分だと私は思っています。

そういえば思い出した事があります。以前、美味しい燻製を食べたいと言って随分時間を掛けて装置を作った事があります。

2~3回程調理した程度で、今では倉庫の奥の方ステンレスの輝きを保ちながらその燻製器は眠っています。

この度の石窯は耐火レンガを約300個程使うそうで、もしもの場合倉庫に運ぶにも運べずどうしたものかと思ったりもしています。

急に何を始め出すか分らない夫で…今回も「石窯でも作ろうか」から始まり、思いたったら本やネットで窯作りを調べて…図面を書いたりして楽しんでいます。

私は色んな経験をさせてもらっていますが、今回も窯が出来上がったあとは私任せなんだろうなぁ。


多分、一カ月後位には、私がパンやピザ作りに奮闘している気がします。

どんな窯が出来るか…今は高みの見物といきましょうかぁ~♪

仕事始め

今日から仕事始めの方もたくさんいらっしゃいます。ご苦労様です。


我が家では明日から次男が仕事!送り出す私達もお正月だけはゆっくり休ませてもらいました。


でも、夫だけはミナミ君の散歩は欠かすことが出来ないといつもの様に起きて出かけてゆきます。

マーリーちゃんもお正月とか関係なく朝6時頃になるとトイレの催促、これも夫が窓を開けて外に出してやります。

本当は私も起きているのですが寝たふりをしていると言っておきます。


今日は風も強く雪も降りました。庭に出て落ち葉を掻き集めていたのですがすぐに頓挫!

部屋で丸くなって固まっていました。

しかし老いてなお元気な夫は外で何をしているのか家に入ってきません。


元気でいてくれなくては困るのですが、歳も考えてくれなくてはと思う年の初めです。

次々と楽しみをみつけては…ひとり熱中する夫です。


私も…一人遊びしようかな。

s_002_20120104210222.jpg

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になり有難うございました。

多くの方々との出会いがあり、新しい世界を頂きました。

親しい人とのお別れがあり、悲しい思いもしました。

どんな事があっても負けないという元気をくれた友人もいました。

いままでに良い事がどれだけ有ったかと言えば、こうして元気で皆様にご挨拶できる事、唯ひとつだと思い感謝の気持ちでいっぱいです。

有難うございました。

家族と共に今年も皆様にとって良き年であります様、心よりお祈り致します。


除夜の鐘を聞きながら氏神様にお参りに行きました。

年越し祭の焚火の周りで町内の方々に新年のご挨拶をしました。
s_005_20120101015519.jpg


冷たい手足がじんわりと暖かくなり、頬が火照ってきます。

何もかもが温かくて幸せな気持ちになれました。

良いことありそうな新年を迎える事が出来ました。
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク