バラの風景4

今年も下草にグレゴマ、西洋たんぽぽの黄色。
あちこちに咲く矢車菊。そして定番のレースフラワーです。咲いた後そのままにしておくと、零れ種から増えてくれます。
銅葉のドラゴンタデ。紅葉スモモも引き締め役です。
右後方にはメアリーローズ。そして左側にパットオースティンの柿色♪
前方のバラ(ジャックカルティエ)が咲く前の画像です。
s_057_20110529213332.jpg
スポンサーサイト

今日のバラ(ホワイト系1)

今日は白いバラです♪
グリーンアイ(ボタンアイ)が美しいオールドローズのマダムアルディー。
s_050_20110529210712.jpg

別名白雪姫、シュネービッチェンとしても親しまれている白バラ。
s_059_20110529210737.jpg

ERのグラミスキャッスル。美しい白バラですが、枝は細くてもビッシリの棘。「美しいものには棘がある」と思う代表的なバラ。
s_071.jpg

シティーオブヨーク。中心の黄色いシベとのコントラストが美しいです。
s_072.jpg

フラウカールドルシュキ。クライミングのバラです。純白で大輪の花です。四季咲き性。
s_079_20110529210714.jpg

新雪。こちらもクライミングです。
フラウカールドルシュキとよく似て、こちらも剣弁高芯咲きの四季咲きです。
s_085.jpg

マーガレットメリル。まるでスタンダード仕立の風情だったけど、今年は株元から新しいシュートが♪
s_087.jpg

今日のばら(ブラバン二種)

繊細な雰囲気の姉妹とも言えるオールドローズ。
ティーローズですが、カップ咲き♪
Tea Rose デュシェス・ドゥ・ブラバン(Duchesse de Brabant)桜鏡
s_043_20110528111300.jpg

そしてデュシェス・ドゥ・ブラバンの枝変わりと言われているマダム・ジョセフ・シュバルツ(Mme. Joseph Schwartz)
ホワイト・デュシェス・ドゥ・ブラバンです。
s_089.jpg
s_090_20110531232201.jpg


枝はしなやか。花弁も壊れそうな雰囲気です。我が家のは二種とも華奢な枝ですが、花数は多いので嬉しいです。

バラの景色3

今日も二階からの画像です。

s_134.jpg

上部アーチには、アンジェラとピエール・ドゥ・ロンサール。
パーゴラにはルイーズオーディエ、コーネリア、スーパードロシー(遅咲きなのでまだ咲いていません)等…。

左手前にはマーシャルニール。今年は雨の影響か、ボーリングが多い気がします。
ノアゼット系のティーローズ。俯いてさくので、少し高い位置に咲かせています。
葉は黄緑色で美しく香りもありますが、少し気難しがりやです。

四季咲き性が強いので、これからに期待します。

今日のバラ(ヘリテイジとブラックティー)

ERのヘリテイジとHTのブラックティーの組み合わせです。

初めはヘリテイジが美しく、後半になるとブラックティーが目立ちます。
s_013_20110528094240.jpg

s_058_20110528094218.jpg

s_014_20110528094218.jpg

5月21日 ヘリテイジとブラックティー
地植えのヘリテイジに鉢植えのブラックティー。
鉢バラを移動しながら色合わせを考えるのも楽しいね。

見られた方の殆どはブラックティーが気に入られた様子でした。

バラの景色 2

s_137.jpg

二階から写してみました。(クリックして頂くと大きな画像になります)
去年とバラの種類は殆ど変わらないけど、毎年違う景色を作りだします。
蔓バラの魅力ですね。手前のパーゴラの上はポールズ・ヒマラヤンムスク。
毎年楽しみにしている大好きなバラです。

自己満足

s_124_20110526210017.jpg

主人が物置小屋(左端)の扉を造り替えてくれました
取っ手はシャベル(アンティークっぽいところが気に入っています)。
扉の材質はホームセンターで調達した檜の間伐材。

とにかくお金を掛けないで試行錯誤しながら形にする時間を楽しむ事が我が家のモットー
完成した物の前で自己満足にひたりながらビール等いただくのが二人の幸せ(^^♪

明日も…「こころ」いいお天気でありますように…乾杯

今日のバラ♪(グラハムトーマス・ナッティングハムズブライト・ミヤコ・ローブリッター)

今日はよく似た雰囲気のバラを紹介します(^^♪
s_010_20110524220217.jpg

s_009_20110524220554.jpg
同じ種類のバラに見えますが、上の画像は「グラハムトーマス」。
下は「ナッティングハムズブライト」です。すぐ隣に植えているので、何処から伸びた枝か、株元を確認する程、よく似ています。

こちらも良く似た雰囲気のバラです。
s_002_20110524221239.jpg

s_001_20110524221240.jpg
上の画像は「みやこ」。下は「ローブリッター」です。
生まれた年代も場所も全く違いますが、コロコロとしたカップ咲きはとっても愛らしく、可愛いのです♪

苔玉

洋風な雑貨や小物も好きだけど…和モダンな雰囲気も外せない。

特に昔から使われていた道具等にすごく興味があります。


毎年、春になると苔玉を作りたくなります。
その後の手入れを怠っているといつの間にか枯らしてしまう事も多いのですが、やっぱり新緑の頃の美しい苔を見ると身近な植物を植えこんで楽しんでいます。

野山にあるタンポポ、イタドリ、小ぶりのギボウシやスミレ、ネジバナ…何でもないものでも雰囲気がでます。
苔玉を入れる器は何でも利用できます♪

今年は苔玉専用の棚もできました。
s_2011年5月25日

バラの景色1

待ちに待ったバラの開花が始まりました。

一週間前とは随分雰囲気が変わり、カラフルな庭に変身しています。
s_076_20110523213717.jpg


日に日に移り変わる様子をしっかりとカメラに残しておきたいのに、このところ雨が続いています…。

s_051_20110523213718.jpg

我が家へ訪問される方で一番多いのがバラの開花シーズンです。

「バラが咲いたら…逢おうね♪」とバラの開花を私以上に楽しみに待っていてくれる友達や花友、親戚(実家の母や叔母など)の集まりなどカレンダーのメモ書きが増えています。。。
s_053_20110523213718.jpg


気の置けない友達との会話は本当に話が弾み、楽しい時間を毎日過ごしています♪

雨のせいで花がうつむいていたり、白花が汚くなったり、花弁がどさっっと落ちる様子には「うぅーー」と思うけど…、部屋の中からバラの景色を楽しむのもいいものです。
s_093.jpg

マクロで見るとゾウムシやらアブラムシを目にするけど、遠くから眺めていると、そんな事は全然気になりません。

バラは遠くから見るに限る! 気持ちがおおらかになれます。

早起きは三文の徳

AM5:30、愛猫のマーリーに無理やれ起こされ、眠い目をこすりながら…食事を与える。

私にとっては考えられないぐらいの早起きだ。

普通なら、この後もう一度布団に潜り込むところだけど…外はすごく明るい。

こんなに早い時間なのに(私にとっては)、もう夜が明けてるんだー(^^♪

それならばと、久しぶりにカメラを手に早朝の庭に出てみる。


朝の空気と風で…とても気持ちいい(^^♪

若葉の新緑が美しい。
s_036_20110517141956.jpg

白露錦(イヌコリヤナギ)の新芽の白は緑の庭に生える。(バックの白はオオデマリ)。
s_027_20110517141956.jpg

右手の黄モッコウバラは一足先に開花済み。
s_022_20110517141957.jpg

バラもあちこちで咲きだした。
沢山の蕾を抱えているバラを見るもの嬉しい。(ポールズヒマラヤンムスク)

s_040_20110517141956.jpg

最近の庭の作業といえば、煩い程増えている「フウロソウ」「勿忘草」「ノースポール」等の下草をせっせと抜く事。
零れ種から芽が出る頃にはとても愛しいけれど、盛りをすぎると賑やかすぎてくる。

足元が淋しくないように、けれどすっきりと。

足したり、引いたり、バランスを考えながら抜くのも結構楽しい。

プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク