スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキドキの豆腐作り♪

クリスマスも終わっちゃったね。

皆さんはどんなクリスマスを過ごされましたか?

s_022_20101226151054.jpg

私はと言えば…今年はケーキを用意しなかったけど…その変わりに豆腐を作っていました(-.-)


というのも、ウグイス豆を枝ごと沢山頂いたのがきっかけです。


デッキに吊るし乾燥させ…豆の鞘から外す作業は以外に大変でした。

昔の人って、食生活にしても手間暇かけていたことを実感しました。

煮豆にしてもいいけど、ウグイス色の豆腐も美味しそうと急に思い立って…(^^♪


とれた「豆」は700g。


このうち、500gを一晩水に浸しました。

ネットで「豆腐作り」を検索してみると…

やっぱり初心者は失敗しやすい記事が多く、作る前から不安でした。

作り方や「にがり」の分量も少しづつ違ったものだったり…。


でも、とにかく作ってみたいとドキドキしながらトライしてみました。

浸した500gの豆を200gと300gに分けて、今回は300gだけを使ってみることにしました。
全部ダメになったら勿体ないので(-.-)
①豆1カップに対して、水1.4を加えてミキサーに2~3分かけます。
s_011_20101226153645.jpg       s_012_20101226153645.jpg

②大きなお鍋に移し、火にかけます。初めは強火、煮立ったら中火。
 この間、絶えず鍋底を木のしゃもじでかき回します。これが一番大変です。(焦げやすいので…)
 だんだんと豆腐の甘い匂いに変わってきます♪ 豆腐を作っているんだーという実感が(^^♪
 沸騰したあと、7~8分は煮ていきます。途中、大量の泡が出てくるので泡を取りながら煮続けます。
 (ずっと鍋底をかき回しながら)
s_014_20101226154313.jpg

③煮あがったら、濾し布に入れて絞ります。鍋底を見ると少し焦げていました。(絶対焦がさないって頑張って鍋底をかきまわしていたのに…)
 熱いので手袋をして注意しながら無駄なく絞ります。
 絞った汁が豆乳。濾し布に残ったものが「おから」です。

④大きな鍋に水を入れ、その中に豆乳の入った別の鍋を浮かして火にかけます。
 豆乳の温度が70度を超えたら…にがりを入れます。(豆乳1ℓに対してにがり10cc)
s_017_20101226153644.jpg

 そのまま蓋をして10分程置きます。固まった豆腐をこのまま食べるのが「おぼろ豆腐」です。

⑤ザルにガーゼを敷き、出来上がったおぼろ豆腐をお玉ですくって入れます。
 ガーゼを被せて軽い重石をして出来るのが「ザル豆腐」です。
s_018_20101226153644.jpg
 お皿にあるのは「オカラ」です。
 小さなザルに二個と残りは大きなステンレスのザルに入れました。

出来上がりです(*^_^*)初めてにしては、クリーミーで甘くっていい感じでした。
(夫はちょっと、焦げくさいって言っていたけど…私は美味しかった)
小さなザルの方は、ご近所にお裾分け。


クリスマスケーキはなかったけど、ざる豆腐をお皿にひっくり返してケーキ風に盛り付けです。
s_020_20101226153853.jpg
水耕栽培(大げさですが)で作ったカイワレ大根やブロッコリーのスプラウトを飾ります。


s_002_20101226223105.jpg

お豆腐も、カイワレ大根もスプラウトも…手軽に買えるけど、手間暇かける過程は面白い。

残り200gのお豆? 気をよくして、再びお豆腐を作りました。


今度は手順が分かっていたから…手際よく♪

味もなかなかで、皆で分けて食べたら、一人二口程度で、あっという間になくなっちゃった。

あんなに時間をかけたのに(-.-) 

主婦ってこんなもんよね。グスン





スポンサーサイト

優しいぬくもり

ここ何年か、暖房はエアコンだけで過ごしています。

掘り炬燵、ストーブ、オイルヒーター、温風ヒーター…。色々と使ってきましたが、

どれも、イマイチです。顔に当たる風やホコリも気になるし…。


そこで今年は…昭和50年代に使っていたアラジンのストーブを出しています。


スイッチ一つで簡単に暖房できるエアコンと違って、

蓋をあけて、点火する作業にひと手間かかります。

それでも、このストーブの温もりは…心まであたたかくなるようで♪

s_005_20101220115646.jpg

アンティークな感じとブルーの炎も…気に入っています。
s_009_20101220115646.jpg

キッチンに置いていますが、ここで過ごす時間が多くなっています。

この上でお豆でも煮てみようかな?

冬枯れの庭

すっかり葉を落とした木々で、石(岩)が浮き彫りになっています。

バラが咲く五月には…緑溢れる若葉の中でバラが色どりを添えてくれ、
和の雰囲気より洋が勝っていますが、この時期は…もとの和の庭にもどります。

s_015_20101220112740.jpg

s_016_20101220112740.jpg

石を隠そうとばかりしていた時期もありましたが、でも、この和の雰囲気も嫌ではなくなってきています。
(年なんでしょうかね)

花の少ない時期ですが入口横のこの「マチルダ」は春からずーっと咲いてくれます。
s_013_20101220113455.jpg

しゃがんで地面を見ると、紫やピンクのスミレ…、ヒメツルソバはあちこちでチョコンと頭をもたげています。
s_014_20101220114103.jpg

出掛ける前に…

畑から抜いてきたばかりの大根と赤かぶ♪
s_038_20101218110110.jpg


友達と逢う前に…急いで収穫してデッキの横の流し台で洗い、無造作に置いたものです。

ビタミン大根の緑と赤いかぶが…綺麗~♪と思って、思わずシャッターを…。


形はイマイチですが、お愛嬌ということで…(^^♪


ビタミン大根は普通の大根と比べて短いのですが、中も緑なので、イカのお刺身などのツマに使ったり、大根おろしにしても甘くて美味しい野菜です。

赤蕪は酢漬けにしたら美味しかったですよ♪

以外に…この大根や赤蕪を植えている人が少ないので、手土産がわりに持参すると喜ばれています。





赤い実で…

クリスマスシーズンなんですね。

何年か前には庭全体をイルミネーションで飾ったり、玄関先に色んなリースを飾ったりしたこともあったのになあ…。

今年は…クリスマスにちなんだ事はこれといって何にもしてない(-.-)



でも、赤く色づいたローズヒップ

白い小花を付けている柊

赤い実をつけたホーリー。

部屋には剪定した花水木の赤い実が…無造作に投げ入れてある。
枯れ葉が遠目にみると…小鳥が飛んでいるようで…


s_004-2.jpg

ささやかだけど…それなりに楽しめる(^^♪
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。