はじまりは45年前…(ペンフレンドとの再会)

☆10月17日☆

待ちに待った再会の日♪

当日は午前中、偶然にも広島市内に用事があったので、広島西飛行場16:10分着には余裕を持って迎えに行く事ができました。
40年近く逢ってなかったし、最近は写真を交換することもなかったので、彼女がわかるだろうかと宮崎便が到着したアナウンスが流れた後、ドキドキしてましたが、すぐに彼女がわかりました。

だって、宮崎便から降りて来る人が少ないんだもの(^^♪

その後、すぐに夫が運転する車で高速に乗って我が家へ~。

初めて逢ってから40年も経つと…お互いに初対面のようなもの。

後部座席に二人並んで…最初は、ぎこちない言葉を交わしていたが…何十年も聞いてきた「声」を聞いているうち、とうとう逢えたんだと、急に彼女を身近かに感じて嬉しくなってきた。。


家に着く頃はもう薄暗くなっていましたが…家で待っていたのは…


私がペンフレンドと逢うと言うと、自分の事のように喜んで迎えてくれる近所の仲間達が用意してくれた「もてなしの料理」。
私が朝から出掛けていたので、代わりに用意してくれたものだ。

彼女が持つ雰囲気のせいか、お互いに以前からの知り合いだったように和気藹藹と食事が始まる(^^♪
s_027_20101028004052.jpg


彼女はよく笑い、よく話し、仲間の中に溶け込んでいる。

それに彼女の食べっぷりには感動する。
普通、知らない人ばかりの中では緊張すると思うが…出された料理を綺麗に食べ、笑い…、見ていて気持ちよかった。私はゆっくり食事する間もなくバタバタと動いていたが、そんな彼女を見ていて、とっても嬉しかった。

その後、場所を移動してデッキに~。

私が唯一作ったのは「お好み焼き」。これは彼女が食べたいと希望したものですが、NHKの朝ドラで放映されている「てっぱん」を見て、尾道と言えば「お好み焼き」のイメージが強いらしい。
来られる前に「食べたいものはある~?」ってたずねたら、即答で「お好み焼き~!」。
「てっぱん」のように外のデッキで、「尾道風はね~…」とお好み焼きが出来るまでの手順を説明。
少し肌寒かったけど…外で食べるお好み焼きも、「美味しい~(^^♪」って喜んでもらえました。

s_IMG.jpg

近所の仲間が帰られた後、深夜一時過ぎまで二人で話し込んでしまいました。

その後、私は朝食の準備を済ませ、お風呂に入って、布団に入ったのは二時過ぎ。


☆10月18日☆

ゆっくりと朝食を終える。

今日は一日、彼女と二人っきり♪だと思うと心躍る(*^_^*) 

出掛ける前に庭で写真を撮る。バラもポツポツと咲いていて良かった~(*^^)v


私が運転する車で二人の旅に~出発です!

最初に行ったのは「尾道」。以前にも案内した尾道の千光寺にロープウェーで~。

尾道は「てっぱん」のロケ地も多く、平日なのに観光客が多いのにびっくりしました。

s_068_20101029202851.jpg s_063.jpg
千光寺鐘楼

s_061_20101029202852.jpg s_060.jpg
句を詠む人…絵を描く人…。

s_059_20101029205124.jpg
有名な鼓岩(ぽんぽん岩)です。岩の上を石で叩くとポンポンと言う音がします。(中は空洞)

千光寺周辺を散策していると…携帯が鳴る。

仲間のK氏がお昼の食事を予約しているからという内容。(ラッキー(^^♪)
約束の時間に間に合うように、石段を下る。

尾道はお寺と石段が多い場所。熟女二人が転ばないようにと急ぎ足で…転んだら大変な事になりそうな階段です。
             s_尾道 階段

約束の5分前に待ち合わせの場所に着いたら…K氏が手を振りながら待っていてくれました。
尾道では有名なお寿司のお店。ここは「せいろ寿司」という蒸し寿司が人気ですが、私達三人は、会席もセットされたメニューをいただきました。 Kさん、有難う♪

さて、お腹も一杯になったので、次の目的地に出発です。

次は「鞆の浦」。ここも尾道同様、「龍馬伝」で話題になって注目されている場所で、その週の「龍馬伝」は「いろは丸事件」。
「尾道」も「鞆の浦」も今が旬というべきタイムリーな場所です。

尾道から松永、海辺を通って鞆へ…。

右側に海という景色を眺めながら運転していると心がうきうきしてくる。

s_084_20101029214037.jpg

予約していた宿に着いて、案内された部屋は眼下が海。全室オーシャンビューとなっている。

彼女が住んでいる宮崎の太平洋と違い、瀬戸内の穏やかな海にはびっくりされたようだ。

夕食の6時まで時間があるので、鞆の町をゆっくりと歩く。

対岸の仙酔島では丁度「龍馬といろは丸展」が催されていると聞き、私達も市営の渡船「平成いろは丸」(本物ではないので、小ぶりな船ですがレトロな雰囲気)に乗船する。
     s_081_20101029215729.jpg

s_078.jpg s_079.jpg

落ち着いた港町の石畳をコツコツと足音をたてながら…目的もなく歩き、二人の今までの人生を語り合う。

今までこの町を素通りするだけだったので、実はあまりこの町の事をしらなかった私は、案内する場所も行けばなんとかなると思っていた。だから、歩きながら気に入った場所があれば立ち寄ったり、買い物をするという散策しかなかった。

もっと下調べしておけばよかったと反省するが…。

でも、今思えば、私達は何処でもよかった。二人で居るということだけで…幸せだった。

歩き疲れて宿に戻る…。

ゆっくりと夕食をいただき、部屋に戻る。

お腹も満たしていたし、歩き疲れていたのだろう、服を着たまま布団の上で話しているうち、二人とも眠ってしまった。気がつくと11時40分。(前の晩、私も遅く寝たし、彼女も疲れていたんでしょう)。

大浴場の時間は12時までだったので、部屋のシャワーで済ます始末となってしまった。


☆10月19日☆

昨晩は大浴場に入れなかったので、朝風呂にゆっくりつかる。

大浴場の前面は海という景色。

何時もなら慌ただしく朝食の準備をしている時間に、ゆっくりお風呂に入れる最高の贅沢を味わう。

8時、朝食。9時30分、我が家に向かいホテルを出発。

11時過ぎ、主人が運転する車で我が家を出発。(13時40分、西飛行場発の飛行機に搭乗する彼女を送る)

途中、高速のサービスエリアに立ち寄り、昼食。

13時、西飛行場着。

13時40分、飛び立つ飛行機をフェンス越しに見送る……。

箇条書きにするとあっという間だ。


何十年も逢わなかったのに、こうして逢ってみると、またすぐに逢いたくなる。

まるで恋人同士のようだ。これからは今まで以上に濃密な関係になれる気がする。

彼女が「今まで○ちゃん(私の事)の存在が心の支えだった」と言ってくれた。

ペンフレンドから始まって、そんな風に思ってくれる彼女を愛おしく思う。





二日後、彼女から久しぶりに手紙が届きました♪

私も、初心に返って、また手紙で返事をしようと思います。




長い旅のブログを最後まで読んで下さった方、有難うございます(^^♪




















スポンサーサイト

充実野菜生活♪

まずは最初に…少し前の畑の様子です。
s_001_20101027215233.jpg

何度もチャレンジしてきた野菜作り…私一人では広すぎる畑に手を焼き、ここ何年かは荒れ放題でした。

なるべく手間いらずで畑を管理したいと思い、春に何本も果実の苗を買って植えましたが、今年の異常な猛暑で全滅(-.-)

暑さが遠のいた時、再び果実や栗の苗等を植えましたが、秋になるとホームセンターに並ぶ野菜の苗に夫の「野菜作り」のスイッチが入ったようです。


夫にとっては初めての「野菜作り」到来ブームがやってきたようで、嬉々として、暇さえあれば畑に行っています。


二人三脚 だとやっぱり違います。

s_008_20101027223743.jpg s_010_20101027223743.jpg
s_006_20101027223742.jpg s_007_20101027223839.jpg
s_011_20101027223743.jpg s_016_20101027223743.jpg
s_003_20101027224041.jpg s_004_20101027224041.jpg

一週間経った今はもっと成長してます♪
自分の口から入ったもので体は作られる…と思うと無農薬での野菜作りを頑張ろうと思います。

それにしても…
種を蒔いて芽吹く様子や苗が大きくなるのを見るのは本当に気持ちいいものです♪

欲張って、色んな種類の野菜を植えています。
ホウレン草、サラダ小松菜、サラダ水菜、壬生菜、春菊、人参、大根、赤蕪、ワケギ、キャベツ、白菜、サニーレタス…。

今日は玉ねぎの植え付け、明日は…今、水に浸しているソラマメを植える予定です♪

その次は…六片ニンニク、葉ニンニク、キャベツ、紫タマネギ…。

そんなに植えて誰が食べるんだーって思いますが

本格的な農家なみです(^^♪


この熱はいつまで続くんでしょうね。

食卓には、間引き菜の料理が当分続きます。


フラワーアレンジ展示

10月22日~23日、毎年催される「ふれあい祭り」の作品展にフラワーアレンジのサークルとして出展しました。

今年も…身近な材料を沢山使ったので、文通友達と再会した後、バタバタと材料集めに奔走。
s_038_20101024000945.jpg

s_039_20101024001359.jpg s_042_20101024001359.jpg

エノコログサ(猫じゃらし)、いがぐり、カラスウリ、ハラン等、自然のものを沢山使いました。

s_035_20101024000943.jpg

はじまりは…45年前(ペンフレンドとの再会)プロローグ

小学生の高学年だった私の楽しみの一つに…月刊誌「女学生の友」という雑誌がありました。

ウィキペディアによると、
【『女学生の友』(じょがくせいのとも)は、かつて存在した日本の少女向けの月刊雑誌である。小学館が編集・発行した。1950年4月号から、1975年に『JOTOMO』と改称されつつ1977年12月最終号まで刊行された。対象となる年齢層は中学生・高校生の少女として、小学生までをターゲットとした小学館の学習雑誌からの移行を企図して刊行された。】


どちらかと言えば、私は外で遊ぶより家の中で本を読んだりしてる方が好きな子ども時代でした。
運動オンチだったし…、家の中で祖母と話したり(母は仕事を持っていました)料理を作ったりする方が性に合っていた気がします。(これは今も変わりませんが…)

低学年の頃は、近所の学年の違う女の子と遊んだり、二人の兄にくっついて…男の子の遊びに加わっていましたが、次第に、その遊びにも参加させてもらえず、一人で遊ぶ事が多くなっていました。

学校に行けば友達はいたけど、家に帰ると本ばかり読んでいました。
その頃の私を夢中にさせた雑誌が…「女学生の友」(JOTOMO)でした。

その雑誌の中に「ペンフレンド募集」の頁があり(今はメル友ですね)、何気なく投稿してみたら…直ぐに何通か手紙が届きました。


その中から三人の方と「手紙」のやり取りを続けていましたが、一、二年程経った頃は、宮崎にお住まいのHさん一人だけになっていました。


彼女との付き合いはこうして始まりました。


殆ど、何も知らない者同士が、「雑誌」を媒体にして、知り合い、「手紙」を通して日々の出来事や思いを交換しあいました。(今、思えば、考えられませんけど…)

私が高校生の頃、宮崎県から彼女は一人で我が家へ訪ねてくれたことがありました。(今思えば、よく思い切った行動をしたものだと思いますが)
私の兄達と一緒に尾道の「千光寺」を案内した思い出があります。


子どもの頃は、日々の暮らしやたわいもない事を書き連ねていましたが、思春期から大人になる事には、誰にも打ち明けられない「辛い恋」の話をしたためるなど…お互いに気持ちを許し合える「友」になっていったと思っています。

その後、お互いに結婚し、子どもを持ち…義母や義父をおくり…長い、長い年月が過ぎた今でも、彼女との交流は続いています。

季節、季節の贈り物が届いたり…長い手紙だったり…「電話」で長い時間、話し込んだり…。

見知らぬ人から、心を許しあえる関係になれたのも、夢のようでもあるし、こんな関係になれたことにも感慨深い思いです。

それは全て、彼女のお蔭だと感謝しています。


何年も「逢いたいね~」とお互いに言い続けてきましたが、やっと…それが実現しそうなんです。


来週、宮崎から彼女は逢いに来てくれます♪


一日目は我が家に泊り、二日目は近くの観光地を案内し…宿でゆっくりする予定です。

その様子をまた報告させて下さいね。

私達二人を結びつけてくれた「女学生の友」にも感謝です(^^♪

善き隣人

○X党の幹事長代理はX△国は「悪しき隣人」とコメントしたそうですが、

私達夫婦は善き隣人と子供達に恵まれ、

34年目の○○記念日を迎えことが出来ました♪


善き隣人=飲み友達なんですが…、集まっては、言いたい放題…。

会話の相手が交差して色んな話が一度に飛び交っています。

しかも…、皆が、一度に喋りだします。

それでいいんです。



多分…明日はいい天気。

もし雨が降っても明後日は曇りのち晴れ、そして次の日は快晴(^^♪

そんな隣人と過せる時間がとても好きで…これからも大切にしたいなと思っています。

s_009_20101004002017.jpg
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク