熱帯夜の訪問者

かまきり
蒸し暑い夏の夜、灯りを背ににあらわれたカマキリの姿はちょっと不気味です。

でも見方によってはラジオ体操をしているような、敬礼をしているような滑稽な容姿でもあります。

昨日はトンボ、今日はカマキリ。

庭の散水、草むしりにと疲れ切っている今日この頃ですが…たわいのない出来事にカメラをむけシャッターを切るときの私、顔から汗が流れていても…レンズの向こうの被写体を追っています。

昨日はトンボ…この調子だと明日は蝶々かな? それとも蝉かな? まさか、……ホイホイでは寒すぎますよね~(-.-) 

バラブログなのに、このところの暑さでついついシャッターチャンスを逃してしまいます。
気付けばバラの花弁はカラカラ状態に…。

なるべく無農薬でと思っているので、葉っぱも悲惨です。
秋に向けて勢力をつけてやらなければ…と思ってはいるんですが…。

スポンサーサイト

胡瓜のきゅうちゃん漬け

s_011_20100725145714.jpg


有り難いことに、農作物の収穫時には近所の方から沢山の野菜が届きます。

我が家で作っているのは「ままごと」程度のものだから…。

あちこちの方からの胡瓜を集めてみると、大小合わせて40本程の胡瓜の山。
本家の農家以上じゃないかと思ったり…。

去年もきゅうちゃん漬けを作ったが…今年はネットで検索して探したレシピを参考にした。

それがとっても美味しかったのでアップします♪

参考にしたレシピは http://cookpad.com/recipe/875836
このクックパッドのサイトは料理のメニューが豊富なので時々覗いてます。

私が作ったのは
胡瓜約30本。胡瓜を輪切りにして大きなお鍋に入れたところです。
レシピにはなかったのですが、色どりにニンジンを加えています。
s_001_20100725155110.jpg   s_006_20100725155109.jpg

沢山出来たので、近所にお裾分けです♪

ちょっとひと休み

s_007_20100726223909.jpg

イトトンボにとっては少し大き過ぎるのではと思いますが、私のメガネのフレームにチョコンと…

「いいですよ!ごゆっくり」 窓を開けた朝食時、DKの長閑な光景です。

小さい池が有るせいか、いろんなトンボが庭のあちこちで飛んでいます。
たまに家の中に迷い込んだトンボが、騒がしく窓ガラスにぶつかったりしていますので
「貴方も大変ですね…」と言ったりして窓を開け逃がしてやります。

ところがこのイトトンボ、やけにゆっくりされていましたのでご紹介したいと思いました。

毎日暑い日が続きます。
「あつい、アツイ、暑い…」。他に言葉がないのかと思うくらい暑いと言っているこんな時、

なに急ぐわけでもなく少しゆっくりされているイトトンボのように気兼ねなく休む時間が時には必要なのではと 思ってたりもしています。

ブラックベリーの収穫

s_DSCF4314.jpg
フェンスに伸びたブラックベリーが黒く熟れてきました。
鋏で切るのでなく、手でゆっくり引っ張るとポロッと取れる頃が収穫時期です。

s_DSCF4319.jpg
最近、デッキの横に小さな流し台を取りつけたので、便利に使っています。

去年、このベリーでジャムを作ったら、とても好評で美味しかったので…今年もジャムを作ってみました。

s_015_20100725143014.jpg
密閉容器にジャム、細長い瓶にはベリーのシロップです。
ジャムはフルーツやヨーグルトにかけて食べますが、シロップの方は、水で割ってジュースとしていただきます。
夏の飲み物として、甘酸っぱい味がとても美味しいです。

ブラックベリーはフェンスに長く伸びていて、全体の五分の一ほど収穫しました。
ブラックベリーのジャム作りは小さな種があるので、裏ごしが必要です。
根気のいる作業なので、気が向けば…、また収穫して手作りを味わいたいなと思ってます。

暑中お見舞い申し上げます

s_DSCF4312.jpg

長梅雨が終わった途端の猛暑の日々ですね。日中はとても庭に出る気にはなりません。

植物たちも…かなりグッタリしています。朝晩の水遣りは欠かせないですね。


そんな中、じりじりと照りつける日差しの中、野菜達は左程お手入れしなくても元気に育っています。

とは言っても野菜を植える充分なスペースはなく、何処もバラに占領されています。

画像は、バラの株の間に植え付けたキュウリです。

皆さん、当分暑さが続くようですから、夏バテしないようにご自愛下さいね♪

梅干しとラッキョウの甘酢漬け

自家製梅干しとらっきょうを今年も漬けました♪

毎年、微妙に塩加減が違ったり漬け方も変えたりしています。

梅干し作りも梅の堅さや塩の分量、紫蘇によって出来上がりが随分違うように感じます。
その時々の分量を忘れずに残そうと今年は自分の忘備録としてブログにアップしました。

今年は…気合い(笑)を入れて、いつもより丁寧にしてみました。
[7月4日画像]
s_001-1.jpg s_002_20100705152130.jpg

梅干し作り
 熟した梅 3kg(南高梅)
 自然塩    300g
1 梅は綺麗に洗って一晩水につけてアク抜きをします。
2 アク抜きした梅の実は、ヘタを綺麗に取って水気をきります。
  煮沸消毒した瓶の底に塩を入れ、綺麗にふいた梅と塩を交互に入れます。

重石をして水が上がるまで待ちます。
私は瓶に入れて塩漬けしましたので、一度に3kの梅は入らず、二瓶使用しました。
また瓶だと重石が入る口が狭く、小さな小皿や石を丁寧に包んで重石かわりにしましたが、来年は塩漬けの時には甕や口の広い容器でしようと思いました。
[6月21日画像]
s_s_010_20100705141205.jpg s_012_20100705142152.jpg

次に紫蘇の葉の準備です。

 赤紫蘇 3~4袋(束)
 自然塩   300g
3 紫蘇の葉は茎から丁寧に取り、何度も綺麗に洗います。以外に土や砂がついています。
  深い洗い桶に入りきらない程の量です。
4 深いボールか洗い桶等に綺麗に洗った紫蘇の葉を入れ、塩を入れてもみます。
  3~4回塩を入れてはもむ作業をします。 
[6月21日画像]
s_014_20100705141936.jpg s_015_20100705141936.jpg

5 4の時はどす黒い色ですが…だんだんと紫色になってきます。
6 繰り返し塩もみすると、綺麗な紫色(澄んだ色)に変わってきます。
s_016_20100705141936.jpg s_019_20100705141936.jpg

7 塩もみが終わった紫蘇の葉は軽く絞って…ビニール袋に入れます。
  洗い桶に入りきらないほどあった紫蘇の葉はマグカップに入るくらいの量になります。
  梅酢が上がってくるまで冷蔵庫で保存します。
8 二日経った梅の塩漬けです。随分梅酢が上がってきました。 

s_020_20100705141936.jpg  s_022_20100705150309.jpg[6月23日画像]

9 瓶の上部まで梅酢が上がってきたので、二瓶を一つにして、冷蔵庫で保存していた紫蘇の葉を上に乗せました。
[6月29日画像]
s_004_20100705151235.jpg
紫蘇の葉から出るエキスがじわじわと梅を赤くしていきます。ガラス瓶に入れているのでその様子を時々眺めては「良し良し…」とにんまりしてます♪
 この状態で土用の日まで待ち、梅と梅酢を天日に干します。

らっきょうの甘酢漬け
塩漬け用
 土つきらっきょう 3パック(綺麗に洗ったら2.3kgでした)
 自然塩 400g
 水 3.8カップ

甘酢漬け用
 水150cc
 砂糖500g
 酢800cc
 鷹の爪 適宜

塩漬け
1 土つきのラッキョウはよく洗い、根と上部を切り落とします。
  ラッキョウと塩をよく混ぜて水を入れ、重石をして二週間程置きます。

甘酢漬け

2 塩漬けしたラッキョウを一晩水に漬けて塩抜きをします。
  塩抜きしたラッキョウの水気を切り、よく乾かします。
  煮沸消毒した瓶にラッキョウを入れます。
  水を鍋に入れ沸騰させ、一度火を止めます。次に砂糖、酢を入れ、砂糖が溶けるように静かに混ぜます。
  種を取り除いた鷹の爪を入れ、ラッキョウの入った瓶に甘酢を入れます。
s_023_20100705150309.jpg s_002-2_20100705154125.jpg
 一か月程で食べられます♪

  

デッキで楽しむ音と灯り

デッキで過ごす時間を楽しむアイテムです♪

s_042_20100703114712.jpg


juke towerという製品はお勧めです。

USBメモリにMP3音楽データを保存し、
本体に挿入することで何処にでも持ち運んで音楽を楽しめます♪
しかも…防水デジタルオーディオプレーヤーなのでお風呂などでも好きな音楽が聴けます。



夕食後等にデッキで過ごす時はテーブルやデッキの周りには
LEDキャンドルライトの「ゆらぎ」を置いています。

照明として使うには弱い灯りですが…点滅する光を楽しんでいます。
火を使わないので安全だし、コードレスなので色んな場所に置け…雰囲気作りにはいいですよ♪
しかも充電式で繰り返し何度でも使えます。
プロフィール

minami

Author:minami
バラが好き。草花は淡い色の小花が好み。
毎日忙しい日々を送りながらも花を見るとホッとします。
大好きなERのWilliam・Morris。
今年もこの花を見るのが楽しみです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク